HOME > レストラン > ワイキキ周辺 > ダ・オノ・ハワイアンフードでオノリシャスな伝統料理を

ダ・オノ・ハワイアンフードでオノリシャスな伝統料理を

ダ・オノ・ハワイアンフードは、ワイキキからほど近いカパフル・アベニュー沿いにあるハワイ伝統料理のレストランです。

このページでは、お店の基本情報、行き方、メニューやハワイ伝統料理を楽しむコツをご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださね。

お店の基本情報

ダ・オノ・ハワイアンフードは、多くのファンに惜しまれつつ2017年にクローズした老舗「オノ・ハワイアンフード」の後継店。現在のオーナーが伝統の味を継いで、2018年にオープンしました。

店名 ダ・オノ・ハワイアンフード(Da Ono Hawaiian Food)
営業時間 10:30~20:00
定休日 日曜日
住所 726 Kapahulu Ave, Honolulu, HI
電話 808-773-0006
平均予算 $20
駐車場 店舗前にパーキングメーターがあります。
予約 公式サイトの「Reservation」にてご予約が可能です。
テイクアウト 事前に公式サイトの「Order Oline」にてオーダーし、店舗で受け取ることができます。
公式サイト・SNS 公式サイト「Da Ono Hawaiian Food」
公式Instagram

ワイキキ中心地からお店までの地図

ワイキキ中心地(T ギャラリア by DFS)からダ・オノ・ハワイアンフードまでの地図です。

ダ・オノ・ハワイアンフードへの行き方

ワイキキ中心地(T ギャラリア by DFS)からダ・オノ・ハワイアンフードまではおよそ3km、自転車やバス、レンタカーなどで5~10分ほどの距離です。

自転車(biki)

レンタル自転車のbiki(ビキ)を使えば、ワイキキエリアからダ・オノ・ハワイアンフードまで約10分で行くことができます。自転車をレンタル・返却できるBiki Stopは、公式サイトの「Map of Biki Stops」で確認できます。

bikiの利用料は、30分で$4です。延長すると30分ごとに$4.5加算されるので、片道ごとにBiki Stopに返却する方がお得です。

【関連・参考サイト】
公式サイト「BIKIの乗り方」(日本語)
公式サイト「MAP OF BIKI STOPS」

公共バス

ワイキキエリアから公共バス(TheBus)でダ・オノ・ハワイアンフードまで行く場合は、ルート「2」もしくは「13」のバスをご利用ください。乗車時間はおよそ10~15分です。

ワイキキエリアからお店へ向かう場合は、東行き(Eastbound)で、お店からワイキキ方面へ向かう場合は西行き(Westbound)のバスにご乗車ください。なお、「2」と「13」では、お店の最寄りバス停が異なります。詳しくは以下をご参照ください。

※ ワイキキエリアでのバス停は、クヒオ・アベニュー(Kuhio Ave)上に複数あります。ご都合の良いバス停をご利用ください。

ルート2

東行き(ワイキキエリア→お店)
バスの表示: 2 Waikiki-Diamond Head-KCC
お店最寄りバス停: 「Kapahulu Ave + Campbell Ave」
西行き(お店→ワイキキ方面)
バスの表示: 2 Scholl St – Kalihi Transit Center
お店最寄りバス停: 「Kapahulu Ave + Opp Campbell Ave」

Google Map: お店最寄りバス停(ルート2)

ルート13

東行き(ワイキキエリア→お店へ)
バスの表示: 13 Waikiki – UH Manoa
お店最寄りバス停: 「Kapahulu Ave + Mooheau Ave」
西行き(お店→ワイキキ方面へ)
バスの表示: 13 Liliha PuunuiもしくはLiliha Wyllie St
お店最寄りバス停: 「Kapahulu Ave + Date St」

Google Map: お店最寄りバス停(ルート13)

タクシー、Uber

ワイキキ中心地(T ギャラリア by DFS)からタクシーやUber、Lyftを利用した場合の所要時間と乗車料金の目安(片道)です。

タクシー
所要時間:約5~10分
乗車料金:$14程度(チップ15%、州税込み)
Uber、Lyft
所要時間:約5~10分
乗車料金:$10程度

※ 道路の混雑状況によって変動します。

レンタカー

ワイキキ中心地(T ギャラリア by DFS)からダ・オノ・ハワイアンフードまでは約3km、約5~10分ほどの道のりです。

「ワイキキ中心地からお店までの地図」へ

ダ・オノ・ハワイアンフードのメニュー

ダ・オノ・ハワイアンフードでは、アラカルトメニューとメイン料理にサイドメニュー(ピピカウラ、ロミサーモン、ハウピア、ポイもしくはライス)が付くコンボメニュー($18.90~)があります。

ここでは、メニューの中から定番のハワイ伝統料理をご紹介しますので、ご注文の際の参考にしてみてくださいね。

定番の伝統料理

ダ・オノ・ハワイアンフードでも食べることができる定番の伝統料理をご紹介します。

※ カッコ内はアラカルトメニューの価格です。(2021年4月現在)

カルアピッグ(Kalua Pig)

「カルアピッグ」とはハワイの伝統料理法のイム(地中のかまどに敷いた石とバナナの葉で蒸し焼きにする料理法)で作られた豚肉を指します。海塩の塩味とスモーキーな味わいが特徴で、メインディッシュとなる一品です。ご飯との相性Goodです。

kalua pig
photo: Arnold Gatilao

ラウラウ(Laulau)

タロ(ルアウ)の葉で包み、柔らかくスモーキーな風味になるまで数時間ほど蒸された豚肉料理です。お肉は柔らかくてジューシー。タロの葉はほうれん草のようにやや粘り気があります。ラウラウはカルアピッグ同様、メインディッシュとなる一品です。豚肉以外にも、鶏肉やお魚のラウラウもあります。

laulau
photo: david_hwang

ピピカウラ(Pipikaula)

醤油や砂糖、海塩をまぶし天日干しした牛肉。ハワイ版ビーフジャーキーです。

Pipikaula
photo: Arnold Gatilao

ロミサーモン(Lomi Salmon)

さいの目に切った塩漬けサーモンとトマト、玉ねぎをあえたもので、メインディッシュを引き立たせる定番のサイドメニューです。

Lomi Salmon
photo: Gregg Tavares

ポイ(Poi)

タロの根をすり潰して水を加え、ペースト状になるまで混ぜたもの。軽く発酵しているのでやや酸味があります。塩味の強いカルアピッグやロミサーモンのディップソースにすると食べやすいです。

Poi
photo: Arnold Gatilao

チキン・ロングライス(Chicken Long Rice)

「ライス」とありますが、鶏肉と春雨のスープです。生姜とにんにく、ねぎ、黒胡椒で味付けされています。

Chicken Long Rice
photo: Arnold Gatilao

スクイッド・ルアウ(Squid Luau)

蒸したタロ(ルアウ)の葉とココナッツミルクにイカを混ぜ合わせたお料理です。タロの葉はほうれん草と同様の風味でそれほどくせがなく、ココナッツミルクのコクがおいしさを引き立てています。

luau
photo: Arnold Gatilao

ハウピア(Haupia)

ココナッツミルクのプリンです。

Haupia
photo: Arnold Gatilao

ハワイアンフードを楽しむコツ

ハワイの伝統料理店に行ったら、できればいくつかのお料理を注文してみてください。ハワイアンフードは、違う味のお料理を組み合わせてできる “味変” を楽しむのがポイントです。ポイはトッピングやディップソースとして使うと、それぞれのお料理の味が引き立ちます。

食べ方にルールはありません! いろいろ組み合わせて、お気に入りにの味を見つけてくださいね。

KOKOのひとこと!
お店の名前の「オノ」はハワイ語で「おいしい」という意味の “Ono” なんだって 。ハワイでは、Onoに英語の “Delicious” をくっつけて「オノリシャス ”Onolicious”」という造語があるの。使ってみてね!
KOKO
KOKO

※ 記載内容については正確であるよう最善を尽くしていますが、正確性および完全性を保証するものではありません。万一、掲載内容に誤りを発見された際には、当方までご連絡いただければ幸いです。「お問い合わせフォーム」へ

※ 当サイトを利用される際は、掲載されている情報やアドバイスがご自身の状況や立場に適しているか、すべてご自身の責任でご判断のうえご利用ください。「掲載情報のご利用に当たって」へ