HOME > 観光・アクティビティ > ホノルル市内「フォスター植物園」おすすめの過ごし方

ホノルル市内「フォスター植物園」おすすめの過ごし方

オアフ島のダウンタウン近郊に位置するフォスター植物園(ボタニカルガーデン)は、1931年に開園しました。ハワイ王室ともゆかりが深く、米国の国家歴史登録財に指定されている場所です。

このページでは、フォスター植物園でのおすすめの過ごし方や持ち物、行き方などをご紹介します。ハワイの歴史や自然が好きな方ならきっと気に入る場所なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

フォスター植物園が誕生する前のおはなしは「フォスター植物園(ボタニカルガーデン)の歴史」の記事にてご紹介しています。王室の所有地がどうして植物園になったんだろう? と気になったらぜひ参考にしてみてください。

おすすめの過ごし方

フォスター植物園でのおすすめの過ごし方です。

園内のコースに沿って散歩

フォスター植物園はちょっとしたお散歩に最適のロケーション。巨木の下を抜けるようなコースをゆっくり辿るだけで、森林浴を楽しめます。

コースマップ(日本語版もあり)は入口でもらえます。コースは距離にしておよそ1kmほど。所要時間は1〜2時間ほどみておきましょう。野鳥やホノルル市郡が指定している保存樹などを探しながら、ゆっくり楽しみましょう!

園内のコースマップや各エリアについては「フォスター植物園内の地図」でご紹介します。

野鳥については、フォスター植物園の公式サイトにリストが掲載されていますのでチェックしてみてくださいね。

【関連・参考サイト】
公式サイト「City and County of Honolulu: Bird Checklist for Foster Botanical Garden」

菩提樹の木陰でマインドフルネス

フォスター植物園では、ゆったりと座って「何も考えない時間」を過ごしてみるのもいいかもしれません。何も考えない時間は、いわば「マインドフルネス」や「瞑想」。これらは情報量の多い生活から離れて頭の中をリフレッシュするのに有効とされています。

場所は、入口から近いところにある菩提樹付近がおすすめです。というのは、フォスター植物園の菩提樹は、仏陀が悟りを開いた場所といわれるインドの菩提樹の子孫なのです。由緒ある大樹の側でマインドフルネスを試す機会はそうないはずなので、ぜひトライしてみてくださいね。

フォスター植物園の菩提樹

仏陀は、菩提樹の根元で悟りを開いたといわれています。その木はインドにあり、「ゴータマ・ブッダの菩提樹」として広く知られています。フォスター植物園の菩提樹は、ブッダの菩提樹の若枝をもとにスリランカで生育した木が親木となります。

スリランカで育った菩提樹の若枝をハワイへ運んだのは、仏僧アナガーリカ・ダルマパーラ(1864〜1933)です。若枝は、この土地の所有者であったマリー・フォスター(1844〜1930)へ贈られました。

かつてマリーは、ハワイへ立ち寄ったダルマパーラと面会したことがありました。そのときに、怒りや悲しみから自由になる方法として瞑想を教えてもらい、仏教徒となります。以降、ふたりの交流は長くつづき、マリーは寺院や学校設立の援助も積極的におこないました。そうした活動の謝礼として菩提樹が寄贈されたといわれています。

ピクニック

フォスター植物園は有料公園なのでお手洗いも整備されており、治安面でも安心して過ごせます。

園内にはベンチが数多く設置されているので、サンドウィッチなどの軽食を持参してピクニックをしたり、お時間にゆとりがあれば読書を楽しむのもおすすめです。

ちなみに園内にギフトショップがありますが、フード・ドリンク類は販売していないので持参しましょう。
フォスター植物園

フォスター植物園内の地図

フォスター植物園内の地図は、公式サイトにて確認することができます。

【関連・参考サイト】
公式サイト「FOSTER Botanical Garden : Map」

園内散策の所要時間

コースに沿って散策を楽しむなら、所要時間は1時間ほどです。

もしゆっくりお過ごしになるなら、2時間ほどみておくといいでしょう。

各エリアの紹介

フォスター植物園内をエリアごとにご紹介します。

園内には、ホノルル市郡が指定する数多くの保存樹があります。保存樹は「Exceptional Trees」と呼ばれており、歴史的または文化的な側面、樹齢や大きさ、美しさ、固有性、その樹木のあるロケーションなどから保存に値すると評価された樹木です。該当の木には名札がついているので見つけてみてくださいね。

1. ライオン博士の洋ラン園

エリア ライオン博士の洋ラン園
英語 Lyon Garden
概要 植物園でディレクターを務めていた植物病理学者のハロルド・L・ライオン博士の名前がつけられたエリア。博士がとくに情熱をかたむけた洋ランのほかプルメリアなどを見ることができます。マノアにある「ライオン・アーボリータム」も、博士にちなみ名付けれらた植物園です。
保存樹 Pogoda

2. ヘリコニアとジンジャー

エリア ヘリコニアとジンジャー
英語 Middle Terrace
概要 サトイモ、ヘリコニア、ジンジャーなどが植生するエリア。
保存樹 Bo Tree, Pili nut, Guama, Quipo, Cannonball

3. 奥のテラス

エリア 奥のテラス
英語 Upper Terrace
概要 園内でもっとも古いエリア。1855年、カメハメハ3世の妻カラマ王妃より、この土地を借り受けたウィリアム・ヒレブランド博士が家を建てた場所です。
保存樹 Queen’s crape myrtle, Hog plum, False olive, Kapok, Tropical almond

4. ヤシのガーデン

エリア ヤシのガーデン
英語 Palm Garden
概要 さまざまなヤシの木が植生するエリア。
保存樹 Loulu(ハワイ原産)

5. 有用植物園

エリア 有用植物園
英語 Economic Garden
概要 ハーブ、スパイスや染料、コーヒー、カカオなどが植生するエリア。

6. 先史植物の小庭

エリア 先史植物の小庭
英語 Prehistoric Glen
概要 ソテツなど世界最古の種苗植物が植生。恐竜より古い2億5000万年前の植物や虹色ボディのユーカリ(Rainbow eucalyptus)があります。

7. 大仏

エリア 大仏
英語 Daibutsu
概要 1968年に日本人移民100周年を記念し、神奈川県知事より寄贈された鎌倉の大仏(レプリカ)が鎮座しています。
保存樹 Chicle tree, Doum palm, Rainbow shower, Baobab, Gigasiphon, Chaulmoogra

8. 蝶のガーデン

エリア 蝶のガーデン
英語 Outdoor Butterfly Garden
概要 チョウが飛ぶエリアです。

9. 展示用温室

エリア 展示用温室
英語 Conservatory
概要 カラフルな花々が一年を通して咲いています。洋ランが見どころです。

フォスター植物園 温室

以下の記事「フォスター植物園(ボタニカルガーデン)の歴史」では、植物園がスタートする1931年までの歴史を、庭園にかかわった人物にフォーカスをあててご紹介しています。

おすすめ記事

フォスター植物園(ボタニカルガーデン)の歴史

カラマ王妃、ウィリアム・ヒレブランド、マリー・フォスター、ハロルド・L・ライオンに焦点をあてた植物園前史です。

持ち物や注意点

おすすめの持ち物は、蚊対策として虫除けスプレー痒み止めがあると重宝します。できるだけ肌の露出をおさえた服装もおすすめです。

暑い日などはお水などの飲み物もあるといいかもしれません。

植物園の植物には毒を持つものもありますので、触れないようにしましょう。樹木の実や花、種などを採るのも禁じられていますので、お気をつけくださいね。

フォスター植物園の基本情報

フォスター植物園の基本情報です。

名称 フォスター植物園(Foster Botanical Garden)
住所 180 N. Vineyard Boulevard, Honolulu, HI 96817
開館時間 9:00〜16:00
入園料 一般:$5
6〜12歳:$1
5歳以下:無料
休園日 12月25日、1月1日
所要時間 1〜2時間
(見学コースの距離:約1km)
トイレ・ギフトショップ あり
駐車場 あり(無料)
公式サイト・SNS 公式サイト「City and County of Honolulu: Foster Botanical Garden」
公式Facebook「Foster Botanical Garden
公式Instagram「Honolulu Botanical Gardens」

ワイキキ中心地からフォスター植物園までの地図

ワイキキ中心地からフォスター植物園までの地図です。

フォスター植物園までの行き方

ワイキキ中心地からフォスター植物園まではトロリー、公共バス、レンタカー、タクシーやUber、自転車(biki)等で行くことができます。

トロリー

フォスター植物園までは、ワイキキからトロリーで行くことができます。ダウンタウン方面へ向かう路線に乗車しましょう。

トロリーの運行間隔は1時間に1本。ホノルル内の史跡や美術館も経由するので、ほかの場所もあわせて観光できて便利です。

【関連・参考サイト】
公式サイト「ワイキキトロリー」(日本語)

公共バス

公共バスのTheBusを利用する場合は、ルート「13」または「2」をご利用ください。乗車時間は30分ほどです。植物園最寄りのバス停は、「Liliha St + Vineyard Bl」です。バス停から植物園入口までは歩いて7〜8分ほどです。

ルート「13」と「2」については、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

レンタカー

ワイキキ中心地(T Galleria By DFS)からフォスター植物園までは約7km、20分ほどの道のりです。

「ワイキキ中心地からフォスター植物園までの地図」へ

タクシー、Uber

ワイキキ中心地からタクシーやUber、Lyftを利用した場合の所要時間と乗車料金の目安です。

タクシー
所要時間:約20分
乗車料金:$25前後(チップ15%、州税込み)
Uber、Lyft
所要時間:約20分
乗車料金:$15前後

※ 道路の混雑状況によって変動します。

自転車(biki)

レンタル自転車のbiki(ビキ)を利用してフォスター植物園へ行くことも可能です。

ただ、植物園付近に自転車を返却できるBiki Stopがなく、もっとも近い場所は歩いて6〜8分ほどの場所になります。最寄りのBiki Stopは以下の2か所です(2022年2月現在)。

bikiの利用料は、30分で$4.5です。延長すると30分ごとに$5加算されるので、片道ごと返却する方がお得です。そのほか利用方法などの詳細については公式サイト(英語)のトップページにて確認できます。

【関連・参考サイト】
公式サイト「BIKIの乗り方」(日本語)
公式サイト「biki」(英語)

Biki Stop 1:サウス・ククイ・ストリート沿い

ダウンタウンにあるククイ・プラザ・モール横を通るサウス・ククイ・ストリートにBiki Stopがあります。ワイキキエリアからこのBiki Stopまでは距離にしておよそ6km、20〜25分ほどです。

Biki Stop 2:ノース・ベレタニア・ストリート沿い

チャイナタウンを越え、川とノース・ベレタニア・ストリートの交差付近にBiki Stopがあります。

ワイキキエリアからこのBiki Stopまでは約6kmです。所要時間は20〜25分ほどで、上述の場所とほぼ同じです。植物園まではこちらから行く方がやや近いですが、川沿いは治安面で注意が必要です。移動は明るい時間のみにしましょう。

KOKOのひとこと!
自転車の交通ルールは車と同で、一方通行道路の逆走や指定場所以外での駐輪は禁止されてるの。
KOKO
KOKO

フォスター植物園周辺の観光地

フォスター植物園周辺の飲食店や観光スポットです。

リリハベーカリー本店
パンケーキやロコモコなどハワイ定番のお食事が人気のレストラン。スイーツも豊富で、看板商品はチョコプリンが入ったシュークリームの「ココパフ」です。
【関連・参考サイト】
公式サイト「Liliha Bakery」
クイーン・エマ・パレス
カメハメハ4世(1834~1863)とエマ王妃(1836~1885)が夏のあいだに過ごしていた家です。ヌウアヌにあります。
【関連・参考サイト】
公式サイト「Queen Emma Summer Palace」
ビショップミュージアム
ハワイでもっとも規模が大きく、歴史のある博物館。ハワイ王朝の歴史を物語る文化財、古代ハワイアンのルーツであるポリネシア文化の考古資料、ハワイを取り巻く太平洋圏の生物学的標本など、文化史だけでなく自然科学の領域まで幅広く展示されています。
【関連・参考サイト】
公式サイト「ビショップミュージアム」
ライオンコーヒー(ライオンカフェ & ジェネラルストア)
ハワイを代表するコーヒー「ライオンコーヒー」の本店で、カフェも備えています。
【関連・参考サイト】
公式サイト「Lion Cafe」

※ 記載内容については正確であるよう最善を尽くしていますが、正確性および完全性を保証するものではありません。万一、掲載内容に誤りを発見された際には、当方までご連絡いただければ幸いです。「お問い合わせフォーム」へ
※ 当サイトを利用される際は、掲載されている情報やアドバイスがご自身の状況や立場に適しているか、すべてご自身の責任でご判断のうえご利用ください。「掲載情報のご利用に当たって」へ