HOME > 観光・アクティビティ > ハワイの植物園(ボタニカルガーデン)一覧

ハワイの植物園(ボタニカルガーデン)一覧

ハワイの自然を楽しむアクティビティはたくさんありますが、ハイキングやピクニックを楽しみたいなら植物園がおすすめです。

オアフ島にある植物園の多くは入園無料で、トレイルコースも整備されているので、経済的かつ安全にハワイの自然を楽しむことができます。

なかには、ハワイ王家とゆかりの深い場所や古代ポリネシアンの集落痕跡がみられる場所など、植物以外にも知的探究心を満たしてくれる植物園もあります。

以下に、オアフ島にある代表的な植物園を7つご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ハワイの植物園一覧

オアフ島にある代表的な植物園の一覧です。

名前 場所 開園時間
1. ココクレーター植物園 ハワイカイ
(オアフ島南東部)
日の出から日没まで
(12月25日、1月1日は休園)
2. フォスター植物園 ダウンタウン 9:00〜16:00
(12月25日、1月1日は休園)
3. リリウオカラニ植物園 ダウンタウン 7:00〜17:00
(12月25日、1月1日は休園)
4. ライオン・アーボリータム(ライオン樹木園) マノア 9:00〜15:00
(土曜日、日曜日は休園)
5. ホオマルヒア植物園 カネオヘ
(オアフ島東部)
9:00~16:00
(12月25日、1月1日は休園)
6. ワヒアワ植物園 ワヒアワ
(オアフ島中央部)
9:00〜16:00
(12月25日、1月1日は休園)
7. ワイメア渓谷 ワイメア
(オアフ島北部)
9:00〜17:30
(月曜日、11月第4木曜日、12月25日は休園)

オアフ島にある植物園の地図

オアフ島にある植物園の地図です。

各植物園の紹介

各植物園のご紹介です。

1. ココクレーター植物園

ココクレーターの中にある植物園で、乾燥地帯の植物がみどころ。所要時間は1時間30分ほど。入園料は無料です。

以下の記事で、ココクレーター植物園の見どころや行き方などを紹介しています。

ココクレーター植物園

2. フォスター植物園

ハワイで一番古い植物園。ハワイ王室ともゆかりが深く、米国の国家歴史登録財に指定されている場所です。入園料は$5です。

以下の記事で、フォスター植物園の見どころや行き方を紹介しています。

フォスター植物園

3. リリウオカラニ植物園

photo: Eric Tessmer
フォスター植物園のとなりに位置する無料の植物園です。園内の一部は、かつてリリウオカラニ女王の所有地でした。女王はこの地でピクニックを楽しんだといわれています。

公式サイト「City and County of Honolulu: Liliʻuokalani Botanical Garden」

4. ライオン・アーボリータム(ライオン樹木園)

photo: Plum Pine
ライオン・アーボリータムはハワイ大学が管理する植物園で、マノア渓谷にあります。予約制。入園料は任意で寄付(1名につき$10程)が推奨されています。土日休。以下の記事で、見どころや行き方を紹介しています。

ライオン・アーボリータム

5. ホオマルヒア植物園

コオラウ山脈のふもとに広がる植物園です。広大な敷地内には熱帯の植物が育てられており、池ではフィッシングなどのアクティビティが楽しめます。

とにかく広いので、ゆっくりのんびりと過ごすには最適の場所。入園料は無料です。

公式サイト「City and County of Honolulu: Hoʻomaluhia Botanical Garden」

6. ワヒアワ植物園

photo: sodai gomi
オアフ島内で標高の高い中央エリアに位置する植物園。熱帯雨林の植物が多く、30分程度で園内を一周できます。入園料は無料です。
以下の記事で、フォスター植物園の見どころや行き方を紹介しています。

ワヒアワ植物園

7. ワイメア渓谷(ワイメア・バレー)

ワイメア渓谷(Waimea Valley)は、古代ハワイアンのヘイアウ(宗教施設)や集落があった場所にあり、その痕跡を見ることができる有料の自然公園です。

以下の記事で、ワイメア渓谷の見どころや行き方を紹介しています。

ワイメア渓谷

おすすすめ持ち物や注意点

植物園へ行く際のおすすめの持ち物と注意点です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

持ち物

  • 虫除けスプレーや痒み止め
  • 日焼け対策グッズ(日焼け止め、帽子、サングラスなど)
  • 売店のない植物園の場合は、水などの飲料
注意点

  • 植物園の植物には毒を持つものもありますので、触れないようにしましょう。
  • 樹木の実や花、種などを採るのは禁じられていますので、お気をつけください。
  • トイレや売店のない植物園へ行く場合は、事前にトイレを済ませたり、飲み物の準備をしましょう。
  • 舗装されていない植物園へ行く場合は、スニーカーなど足元が安定する靴を履きましょう。
  • エリアによっては日陰のない植物園、雨の多いエリアの植物園などの違いがありますので、各々の環境に適した服装を選びましょう。

※ 記載内容については正確であるよう最善を尽くしていますが、正確性および完全性を保証するものではありません。万一、掲載内容に誤りを発見された際には、当方までご連絡いただければ幸いです。「お問い合わせフォーム」へ
※ 当サイトを利用される際は、掲載されている情報やアドバイスがご自身の状況や立場に適しているか、すべてご自身の責任でご判断のうえご利用ください。「掲載情報のご利用に当たって」へ