HOME > イベント > スポーツ > 世界最高峰のサーフィン大会 エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナル

世界最高峰のサーフィン大会 エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナル

「エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナル(Eddie Aikau Big Wave Invitational)」をご紹介します。

エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナルとは

エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナルは、オアフ島ノースショアにあるワイメア・ベイで開催されるサーフィンの大会で、通称「エディ」と呼ばれています。

「エディ」の開催期間は12月1日から2月末日までの3か月間。この間、波の状態が大会の定める基準に達すれば競技が実施されます。

※ 2020-2021年のエディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナルは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中心となりました。

世界最高峰とされる理由

この大会は「世界最高峰」や「幻の」などと形容されることがあります。それは「エディ」が、独自の開催条件を満たす波が現れたときにだけ開催され、参加できる選手が投票によって選ばれたサーファーに限られているなど、「限定」の多い大会だからでしょう。

しかし、もっとも重要な理由は、大会のタイトルでもあるエディ・アイカウ(1946~1978)という人物が特別な存在だからかもしれません。

エディは卓越した技術を持つサーファーで、ホノルル市郡から任命を受けたワイメアで初めてのライフガードでした。

エディの在職中にワイメアの海で亡くなった人はひとりもおらず、500人以上が救助されました。エディは、どんなに高い波が押し寄せようとも人命のためならためらうことなく海へ向かったといわれています。エディは亡くなるその日まで人を救うために力を尽くしました。

彼の生前を知る人々は、エディは素晴らしいサーファーであっただけでなく、常に家族や周囲の人々に気を配り面倒をみる人であったと言います。エディはウォータースポーツにかかわる人々やハワイアンたちにとって、他者を敬い大切にするという「アロハスピリット」を体現する存在とみなされているのです。

エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナルは、エディの功績を称え、またエディの生き方を手本とし後世まで受け継ぐために開催されています。

「エディ」開催地のワイメア・ベイ・ビーチ・パーク
photo: KOKO

大会の開催時期と厳しい開催基準

エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナルの開催期間は12月1日から2月末日までの3か月間。

開催基準となる波は、20フィート(6.1m)以上の高さがあり20秒以上つづくこと。この「20フィート、20秒」の波がコンスタントに現れ、さらに強風が無く視界もクリアな日でなければ大会は実施されません。

冬のノースショアは高波で有名ですが、それでも大会の開催基準に見合う日はほとんどないと言ってもいいほど。その証拠に「エディ」が実際に実施されたのは1985年の大会開始以来2019年にいたるまで9回しかありません。

このように厳しく大会基準を守るのは「エディ」に参加するサーファーたちを守るためでもありますが、こうした状況下のワイメア・ベイの波はこの上なく美しく、なによりエディが喜ぶであろう波だからです。

コンテスト・ディレクターとして、長いあいだ大会実施の可否を決定していたジョージ・ダウニング(1930~2018)は次のように語っていました。

「われわれは、このワイメア・ベイが輝きを放つ特別な日を、つまり、エディが生きていれば波に向かわずにはいられないような日を待っているんだ。」

もし競技が開催されるのであれば、その日は間違いなく後々まで語り継がれる競技が見られるでしょう!

※ 参照記事:Hawaiian Voyaging Traditions, Eddie Aikau.

エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナル基本情報

エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナルの基本情報です。

開催期間 12月1日~2月末日
※ 最新情報については公式サイトやSNS等にてご確認ください。
開催場所 ワイメア・ベイ(Waimea Bay)
公式サイト Eddie Aikau Big Wave Invitational(英語)
SNS 公式Instagram

ワイメア・ベイへ行くには

ワイキキエリアからワイメア・ベイへ行くにはレンタカーの利用が便利です。

公共バスは片道2時間10分ほどかかるので「お金はないけど時間と度胸はある!」という方におすすめです。

レンタカー

ワイキキからワイメア・ベイまではおよそ60kmあり、約45分から1時間程度かかります。

駐車場はビーチ近くにあります。しかし満車のことが多く、とくに週末は早朝から混むのでご注意ください。カメハメハ・ハイウェイの路肩に駐車することもできますが、周辺に駐車禁止のサイン(NO PARKING)がないかよくご確認ください。

ちなみに、ワイメア・ベイから車で5分ほど離れた場所に自然公園の「ワイメアバレー」があります。ワイメアバレー来園者は無料で駐車場を利用できるので、もしお時間があればぜひ立ち寄って、自然公園も満喫してみてください。

公共バス

ワイキキ中心地からノースショア方面へ向かうバスはないので、以下にご紹介するルートはアラモアナ・センターを発着地点としています。

なお、日没後の公共バスのご利用は安全ではないのでおすすめできません。明るいうちに滞在先に戻れるようご計画をお立てください。

※ ワイキキエリアからアラモアナ・センターまでの行き方は、後述の「ワイキキからアラモアナへのバス」をご参照ください。

アラモアナ・センターからワイメアへ(往路)

ワイメア・ベイへは、アラモアナ・センターからノースショアの中心地ハレイワへ向かう「52」を利用し、ハレイワで「60」に乗り換えます。

52 Wahiawa – Haleiwa
乗車:「Kona St + Opp Kona Iki St」(アラモアナ・センター山側)
降車:「Kamehameha Hwy + Opp Haleiwa Beach」(終点)
60 HONOLULU – Ala Moana Center
乗車:「Kamehameha Hwy + Opp Haleiwa Beach」(同上)
降車:「Kamehameha Hwy + Waimea Valley Rd*」

※ 「60」の降車地点「Kamehameha Hwy + Waimea Valley Rd」は、ワイメア・ベイより100mほど先にある自然公園「ワイメアバレー」の入り口付近です。ビーチへ行くには道路の反対側に渡り、バスで来た道をお戻りください。道路を横断する際は、往来する車に十分ご注意ください。

ワイメアからアラモアナ・センターへ(復路)

ワイメア・ベイからアラモアナ・センターへ戻る場合も往路と同じ「60」と「52」をご利用ください。

60 Kaneohe – Haleiwa
乗車:「Kamehameha Hwy + Opp Waimea Valley Rd」
降車:「Kamehameha Hwy + Haleiwa Beach Park」
52 HONOLULU – Ala Moana Center
乗車:「Kamehameha Hwy + Haleiwa Beach Park」(同上)
降車:「Kona St + Piikoi St」(アラモアナ・センター山側)
KOKOのひとこと!
「60」はオアフ島の東海岸沿いを通るルートだよ。このルートでもノースショアとホノルルを往復できるけど、片道3時間近くかかるの。景色がいいので、バス旅を楽しみたい場合はGO!
KOKO
KOKO
ワイキキからアラモアナへのバス

ワイキキエリアからアラモアナ・センターまでは「8」「19」「20」「23」「42」で行くことができます。所要時間は20分前後です。ワイキキエリアのバス停はクヒオ通りに複数あるので、お近くのバス停をご利用ください。

アラモアナ・センターでの降車バス停は海側にある「Ala Moana Bl + Ala Moana Center」です。ノースショアへ向かう「52」のバス停は山側(海側の反対側)にあるので、そこまで歩いて移動しましょう。

ちなみに、「8」「23」は山側のバス停まで行くので上述の海側バス停で降車する必要はありません。山側の「Kona St + Opp Kona Iki St」でお降りください。

復路も、同様に「8」「19」「20」「23」「42」をご利用ください。

ワイキキ中心地からワイメア・ベイまで地図

ワイキキ中心地からワイメア・ベイまで地図です。


※ 記載内容については正確であるよう最善を尽くしていますが、正確性および完全性を保証するものではありません。万一、掲載内容に誤りを発見された際には、当方までご連絡いただければ幸いです。「お問い合わせフォーム」へ

※ 当サイトを利用される際は、掲載されている情報やアドバイスがご自身の状況や立場に適しているか、すべてご自身の責任でご判断のうえご利用ください。「掲載情報のご利用に当たって」へ