HOME > レストラン > カカアコ / ワード > ピギー・スモールズ(ワードビレッジ店)

ピギー・スモールズ(ワードビレッジ店)

ピギー・スモールズ(Piggy Smalls)は、アジア料理と世界(ヨーロッパ・アフリカ北部・アメリカ)の料理を融合させたフュージョン料理のお店。アラモアナセンターの少し先にあるワードビレッジ内に店舗があります。

このページでは、ピギー・スモールズの基本情報やおすすめメニュー、お店の感想、お店への行き方をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お店の基本情報

ピギー・スモールズは、チャイナタウンの有名店「ザ・ピッグ&ザ・レディ」のオーナーシェフが手がける姉妹店。カジュアルなお店にもかかわらず、著名人も訪れるほど味には定評がある人気店です。

店名 ピギー・スモールズ(Piggy Smalls)
営業時間 【火曜日~金曜日】16:00~21:00
【土曜日】10:00~14:00、16:00~21:00
【日曜日】10:00~14:00
定休日 月曜日、12月25日、1月1日
住所 1200 Ala Moana Boulevard, Suite 665, Honolulu, HI 96814
電話 808-777-3588
平均予算 ランチ $20~30
ディナー $30~50
カード
駐車場 ワードセンター併設の駐車場をご利用ください。
「駐車場情報」へ
テイクアウト
公式サイト・SNS 「PIGGY SMALLS AT WARD VILLAGE」
公式Instagram

※ 営業日や営業時間はシーズン等により変更される場合もございますので最新情報についてはお店のホームページ等にてご確認をお願いします。

おすすめメニュー

ピギー・スモールズのおすすめメニューをご紹介します。

手羽先

ピギー・スモールズの看板メニューのひとつは、揚げ手羽先(LFC WINGS)です。甘辛の特製ソースで味付けされていて、食が進む1品。食事制限をしている方には、手羽先をカリフラワーの変えた「LFCauliflower」もあります!

フレンチ・ディップのバインミー

フレンチ・ディップとは、サンドウィッチをスープに浸して食べるスタイルのこと。ピギー・スモールズでは、サンドウィッチではなく、バインミーをまるごとスープに浸してお召し上がりください!

お店のメニュー

ピギー・スモールズのホームページで最新のメニューが確認できます。

「PIGGY SMALLS: FOOD & DRINKS」

みんなの感想まとめ

ピギー・スモールズについてのよく見られる評判・口コミ(良い点、残念な点、総評)をまとめました。

♡ 良かった点 / 好きなところ

・「LFC WINGS」は本当においしい。行くと必ず注文する1品。

・パクチー好きにはたまらないお店です。

・ブランチに行きました。「SMOKED BRISKET FRENCH DIP」と甘い系の「CHURRO FRENCH TOAST」をふたりでシェアしてちょうど良い量でした。フレンチトーストは小さめだけど、外側がパリッとしていてで中身はしっとり。シナモンシュガーとの相性がバッチリで大変おいしゅうございました。

・スタッフがとてもフレンドリーで最高!

△ 気になった点 / 残念なところ

・予約をしていなくて、テラス席を案内されました。テラス席は、小鳥とハエが多くて、落ち着けなかった。

・人気店ということもあるけど、店内がガヤガヤしていて少しうるさかった。

☆ 総評

看板メニューは相変わらず人気でした。また、看板メニュー以外の料理についても、評価が高かったです。とくに、チキン・フォーとビーガン・フォーについて、「おいしかった」とのコメントが多かったです。ビーガン・フォーは植物性の食材のみで作られており、スープにお野菜の旨味が溶けだしてホッとするお味のようです。ビーガンの方だけでなく、食事制限をもうけていない方も注文していました。

料理以外の感想として、「とにかくスタッフのサービスがバツグンに良い」との声がたくさんありました。お客さんの来店回数や空腹度合いに応じておすすめ料理を提案してくれたり、食品アレルギーや食事制限のある方の相談も臨機応変に対応してくれるところがグッドポイントでした!

KOKOのワクワクポイント!
ワンコOKのアニマル・フレンドリーなお店だよ♡
KOKOも連れてってほしいです!
KOKO
KOKO

FAQ(よくある質問)

ピギー・スモールズについてのよくある質問をまとめました。


【質問】
お店に一番近い駐車場はどこですか?料金は?

【回答】
店舗の最寄り駐車場は、「ワードセンター」の併設駐車場で、無料で利用できます。

また、店舗のあるアウアヒ・ストリート上には、「ピア1・インポーツ」と「ノードストローム・ラック」の駐車場もあります。

詳細は下記の「駐車場情報」をご確認ください。


【質問】
ブランチメニューをオーダーできる曜日・時間を教えてください。

【回答】
ブランチメニューは、土曜日と日曜日の午前10:00から午後3:00までのメニューです。


※ お店のサービス内容等については変更されている可能性もございますので最新情報についてはお店のホームページ等にてご確認ください。「ピギー・スモールズのホームページ」へ

ワイキキからのアクセス比較

ワイキキからワードビレッジまでは約4~5kmあります。車で15分ほどの距離感です。トロリーやバスの本数も多いので、比較的アクセスしやすい場所です。

トロリーは、大手4社(ワイキキ・トロリー / LeaLea / JALパック / オリオリ)ともワードビジッジに停留所を設けていますが、各社とも乗車時間が大幅に異なります。

ワイキキトロリーのレッドラインにてワイキキからワードセンターへ向かう場合、往路ではワードセンターに寄りません。ダウンタウン方面経由後、ワイキキ行きの復路でワードセンターに寄りますので、ご注意ください。

別の行き方として、日中であればアラモアナセンターからワードビレッジまで徒歩で移動する方法もあります。歩く距離はおよそ1km弱、10~15分です。

レンタカー・Uberの利用も便利です。お店のあるワードセンターに大きな駐車場が併設されており、無料で利用できます。

詳細は下記の比較をご覧ください。

トロリー アクセス比較
トロリー 路線 乗車時間 料金 公式サイト
ワイキキトロリー レッドライン 1時間45分(ダウンタウン経由)※ 復路は20分 $25(1日パス) 公式サイト
パープルライン 2時間(パールハーバー経由)※ 復路は20分 $25(1日パス) 公式サイト
ピンクライン
※ 「アラモアナセンター」下車
50分(乗車35分+徒歩15分) $2(片道) 公式サイト
LeaLea ワード/カカアコ/ダウンタウン・ライン 30分 $29(1日パス) 公式サイト
ウエスト・ディナー&ショッピング・ライン(17:30以降) 25~35分 公式サイト
JALパック ダウンタウンルート 15分 パックツアー購入者専用 公式サイト
オリオリフットワーク(電気バス)

ダウンタウンルート 5分 パックツアー購入者専用

公式サイト
カカアコ・イブニングルート(17:30以降) 5分

※ レアレアトロリーは、2022年3月31日まで運休です。

※ 各社の停留所について(ワイキキエリア / ワードエリア)
・ワイキキトロリー:「T ギャラリア」/「ワードセンター」
・LeaLea:「ロイヤル・ハワイアン・センター」/「ワードシアター」・「ワード・センター」
・JALパック:「T ギャラリア」/「ワード映画館前」・「ワード・センター」
・オリオリ:「OLI’OLI’ステーション・アラモアナ」/「ワードシアター」・「ワード・センター」

※ トロリー等のサービス内容については変更されている可能性もございますので、最新情報については各社のホームページ等にてご確認をお願いします。

バス アクセス
バス 路線 乗車時間 料金 公式サイト
TheBus 「19番」・「20番」・「42番」 20~25分 $5.50(1日パス) 公式サイト(英語)

※ 乗車地のバス停をワイキキエリアの「Kuhio Ave + Lewers St」とし、降車地のバス停をワードセンター付近の「Ala Moana Bl + Kamakee St」とした場合の乗車時間です。

※ 安全な旅のためにも、人通りが少なくなる夜間のバス利用は避けるようにしましょう。

レンタカー・Uber アクセス
乗物 乗車時間 料金
レンタカー・Uber 10~20分 Uber $27~35

ワイキキ中心部からの地図

ワイキキ中心部(T ギャラリア by DFS)から目的地までの地図です。

駐車場情報

ワードセンターの駐車場をご紹介します。

ワードセンター(ward centre)

住所 1200 Ala Moana Blvd.
タイプ ショッピングセンター併設駐車場
駐車料金 無料
地図 公式サイト「WARD VILLAGE: PARKING」
※ 近隣の駐車場として、反対車線側に「ピア1・インポーツ」・「ノードストローム・ラック」の併設駐車場があります。

バレットパーキングサービスを利用する場合
【駐車料金】 $7
【利用可能時間】 10:00~21:00(金・土は夜中まで利用可。)

店名の「ピギー・スモールズ」って?

店名の「ピギー・スモールズ」は、オーナー・シェフのアンドリューさんが敬愛する伝説的なラッパーの愛称「ビギー・スモールズ(Biggie Smalls)」をもじって名付けられました。

ビギー・スモールズことノトーリアス・B.I.G.はニューヨーク・ブッルクリン生まれ。20代半ばにして凶弾に倒れ他界しますが、90年代のヒップホップを牽引したひとりといわれています。

アンドリューさんはノトーリアス・B.I.G.の音楽を聴くと「やる気になって、その日の仕事をやり切ることができる*」そうです。そういえば、本店「ザ・ピッグ&ザ・レディ」の店内がブルックリンの倉庫街をイメージさせるインダストリアル系の内装。これもノトーリアス・B.I.G.の影響かもしれませんね。

* 参照記事:HAWAI’I MAGAZINE「Piggy Smalls: A Honolulu restaurant’s cool spin on Vietnamese」(掲載日:2017.1.16)


※ 記載内容については正確であるよう最善を尽くしていますが、万一、お店・サービス等の情報に誤りを発見された際には、当方までご連絡いただければ幸いです。「お問い合わせフォーム」へ

※ 当サイトを利用される際は、掲載されている情報やアドバイスがご自身の状況や立場に適しているか、すべてご自身の責任でご判断のうえご利用ください。「掲載情報のご利用に当たって」へ