HOME > ハワイの天気 > 11月のハワイの天気・気温

11月のハワイの天気・気温

ハワイの11月は、ちょうど夏(乾季)が終わり、季節が冬(雨季)へ移り変わる時期です。

このページでは、11月のハワイの平均最高気温最低気温エリアごとの天気の違い、おすすめの服装・持ち物や、見どころ(イベント)についてまとめました。

現地での服装や過ごし方を決めるときなどに、ぜひ参考にしてみてくださいね。


その他の月の天気はこちらから
年間 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月


11月のハワイの天気について(概要)

ハワイは年間を通して温暖な気候のため、季節の変化が分かりづらいかもしれませんが、実際は夏(乾季)と冬(雨季)があります。11月はちょうど冬がはじまるシーズンにあたります。

「冬」といっても、 11月の最高気温は30℃を越す日もあるので、ビーチアクティビティも存分に楽しめる気候です。また、この月の平均UV指数*は「7(強い)」ととても高いので、紫外線対策が必要です。

11月は雨季にあたりますが、日中よりも夜に降ることが多いので、大抵の場合は、天気に左右されずにレジャーを楽しめるはずです。昼間に雨が降る場合は、熱帯エリア特有のシャワー(にわか雨)のことが多いでしょう。

11月は風も穏やかな月ですが、オアフ島の東海岸エリア(ワイマナロ、カイルア、カネオヘ等)では、ワイキキエリアと比べ、風がやや強いかもしれません。

11月のハワイは、ハリケーンシーズン中でもありますが、これまで11月に大きな台風が直撃した例はそれほど多くありません。ただ、大型ハリケーンが発生した場合は、旅行全体の予定が大幅に変更となる可能性もあるので注意が必要です。出発前に、天気予報等で天候の傾向を確認してみてもいいかもしれませんね。

ハワイ島のマウナ・ケア山やマウイ島のハレアカラ国立公園などの高地では、気温が3~4℃しかありませんので、お気をつけくださいね。

※ UV指数は紫外線の強さを数値化したもので、世界共通の指標です。UV指数は、1~11+のあいだで表されます。詳細は気象庁のホームページにてご確認ください。

【関連・参考サイト】
気象庁「UVインデックスとは」へ

11月のハワイの最高気温と最低気温

オアフ島(ホノルル)の11月の平均最高気温は29.3℃、平均最低気温は22.7℃です。

一日の気温差は、およそ5~7℃です。一日のうちでもっとも気温が高い時間帯は午後1時台、もっとも気温が低い時間帯は午前5時台です。

最高気温(平均) 最低気温(平均)
11月 29.3℃ 22.7℃

※ データ参照元:気象庁「世界の天候データツール(ClimatView)」/対象期間:2015年~2019年

11月のハワイの降雨量

11月のハワイは雨季がはじまるシーズンです。

オアフ島(ホノルル)の11月の平均的な降雨量は80mmほどです。雨は夜間に降ることが多く、一日中降りつづくことは少ないようです。日中も降ることはありますが、大抵の場合は10分程度でやむシャワー(にわか雨)でしょう。

11月のハワイの海水温度

アメリカ海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration)によると、ホノルルの11月の平均海水温度は26.1℃です。

オアフ島の東側に位置するカネオヘの水温は、ホノルルよりやや低く、24.4℃です。

9月や10月より若干水温が下がりますが、日中の温度は高いので、ウォーターアクティビティも存分に楽しめる水温です。

ハワイの天気予報サイト

おすすめの天気予報サイトをご紹介します。

ここでご紹介するのは、日本語に対応しており、温度単位の切り替え(摂氏:℃/華氏:℉)も可能なサイトです。エリアごとの天気も調べられます。

いずれのサイトも、短期と長期両方の予報を調べられ、体感温度風向き風速湿度紫外線指数など天候にかかわる多くの情報を確認できるのでおすすめです。

服装などを決める際は、天気だけでなく体感温度も参考にするといいかもしれません。

AccuWeather

AccWeatherは、米国の天気予報専門企業が提供するサイトです。予報は、同社が公的機関を含むあらゆる組織・団体による気象情報を収集し、解析したものです。

「AccuWeather」トップページへ

「AccuWeather」ホノルルの天気へ

The Weather Channel

The Weather Channelは、IBM社傘下の天気予報専門企業が提供するサイトです。IBM社が開発した最新の気象予報システムにて解析した予報を提供しています。

「The Weather Channel」ホノルルの天気へ

エリアごとの天気(11月)

オアフ島は、大きく5つのエリアに分けることができます。

ワイキキのある「ホノルル」、ハレイワがある「ノースショア」、島の東側「ウィンドワード」、西側の「リーワード」、島中央部の「セントラル」です。ホノルルはオアフ島の南側に位置しているので、サウスショアと言い表すこともあります。

これら5つのエリアは、オアフ島の南北にかけて連なるコオラウ山脈とワイアナエ山脈の影響を受けて、天候が異なります。

なお、ハワイ諸島は、北東の海上から吹く貿易風(偏東風)を受けているため、どの島もエリアごとの天候の特徴が同じ傾向にあります。

オアフ島の東側を「ウィンドワード」、西側を「リーワード」と呼ぶのは、貿易風を受けるハワイの地理によるものです。ウィンドワード (Windward)は「風上」、リーワード(Leeward)は「風下」という意味を持ちます。

下の図は、オアフ島の11月の平均降雨量の分布図です。

オアフ島 11月の平均降雨量

※ データ:Giambelluca, T.W., Q. Chen, A.G. Frazier, J.P. Price, Y.-L. Chen, P.-S. Chu, J.K. Eischeid, and D.M. Delparte, 2013: Online Rainfall Atlas of Hawai‘i. Bull. Amer. Meteor. Soc. 94, 313-316, doi: 10.1175/BAMS-D-11-00228.1., Mean November Rainfall Island of O’ahu.

以下に、オアフ島内観光スポットの天気の違いをまとめました。気温に大きな地域差はありませんが、地形の特質により、雲の量や降雨量に差があります。

ホノルル(ワイキキ)の天気

ホノルルは、オアフ島のなかでも、気温が高く、風がおだやかなエリアです。

11月のホノルル(ワイキキ)の平均最高気温は29.3℃、平均最低気温は22.7℃です。

ハワイ大学マノア校や緑のスターバックス、マノア滝のハイキングコース等で有名なマノアは、ホノルル市内の山側に近いエリアに位置しています。山側に近いエリアは雨が多くなります。

ワイキキエリアの11月の平均降雨量が80mmに対し、マノアでは150mmほどの雨量があります

下記のサイトでは、ホノルル(ワイキキ)の現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」ワイキキの天気へ

ハナウマ湾の天気

オアフ島の東南部に位置するハナウマ湾は、火山の噴火によってできた湾状のビーチで、ホノルル市より自然保護地区に指定されています。ハナウマ湾は透明度が高く、シュノーケリングが楽しめるビーチとして大変人気のある観光スポットです。

ハナウマ湾の11月の平均気温と平均降雨量は上述のホノルル(ワイキキ)と同じです。

ハナウマ湾は年間を通して風(貿易風)の強いエリアですが、11月は弱まる傾向があります。風のあるときは、13時頃から16時頃までのことが多いようです。

ワイマナロの天気

オアフ島の東側エリア(ウィンドワード)にあるワイマナロには、観光名所がたくさんあります。

全米ナンバーワンのビーチに選ばれたことのある「ワイマナロ・ビーチ」、イルカと泳ぐことができる体験型水族館「シーライフ・パーク」、オアフ島最東端にある「マカプウポイント」、ハイキングコースとして人気の「クリオウオウ・リッジ・トレイル」が有名です。

ワイマナロの11月の平均気温は、ホノルルとほぼ同じです。平均降雨量はホノルルと比べると多く、150mmほどあります

下記のサイトでは、ワイマナロの現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」ワイマナロの天気へ

カイルアの天気

オアフ島で人気スポットのひとつであるカイルアは、島の東側エリア(ウィンドワード)にあります。

カイルアは、全米ナンバーワンのビーチに選ばれたことのある「ラニカイ・ビーチ」や「カイルア・ビーチ」があることで有名です。また、中心街には有名なレストランやスーパーもあり、観光客が多い場所です。

11月のカイルアの平均気温は、ホノルルとほぼ同じです。平均降雨量はホノルルと比べるとやや多く、120mmほどあります

下記のサイトでは、カイルアの現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」カイルアの天気へ

カネオヘの天気

カネオヘは、オアフ島の東側(ウィンドワード)にあります。

カネオヘは観光名所が多くある人気のエリアです。「天国の海」として有名なサンドバー、自然豊かな「クアロア・ランチ」、「平等院テンプル」、「ホオマルヒア植物園」などが有名です。

カネオヘの11月の平均気温は、ホノルルに比べると平均してわずかに低い傾向があります。

また、11月の平均降雨量については、ホノルルやワイマナロ、カイルアより多めで、およそ170mmです。

下記のサイトでは、カネオヘの現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」カネオヘの天気へ

ノースショア(ハレイワ)の天気

オアフ島の北部にあるノースショアは、最西端のカエナポイントから最北端のカフクポイントまでのエリアを指します。

ノースショアの中心街といえば、ハレイワ。ガーリックシュリンプやシェイブアイスなどのご当地グルメ、ショッピング等が楽しめる人気の観光地です。

ハレイワの11月の平均気温はホノルルとほぼ同じです。平均降雨量は、ホノルルと比べるとやや多く、90mmほどあります。ハレイワよりさらに北東にあるワイメア・バレー付近では、平均140mmほどの雨量があります。

雨季のノースショアは波が高くなり、ほとんどのビーチが遊泳禁止となります。シュノーケリングで有名なシャークスコーブ(Shark’s Cove)も大変危険ですので、立ち入らないようにしましょう。

下記のサイトでは、ハレイワの現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」ハレイワの天気へ

カポレイ、コオリナの天気

カポレイとコオリナは、オアフ島の西側エリア(リーワード)の南部に位置しており、複数のゴルフコース、「ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ」や「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ」などのウォーターパークがあります。コオリナは地域一体がリゾート地で、波の穏やかなラグーンもあり、お子様連れのファミリーに人気のエリアです。

カポレイ、コオリナの11月の平均気温、平均降雨量はホノルルとほぼ同じです。

下記のサイトでは、カポレイの現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」カポレイの天気へ

ワヒアワの天気

オアフ島の中央部エリア(セントラル)にある観光地は、「ドールプランテーション」が有名です。島の南北を結ぶ幹線道路が通っていますので、途中の休憩場所としてドールプランテンショーンに寄る方も多いです。

ワヒアワは、コオラウ山脈とワイアナエ山脈に挟まれたエリアに位置しています。沿岸部より標高が高いため、ワヒアワの11月の平均気温はホノルルに比べ2~3℃低くなります

11月の平均降水雨量は160mmほどです。ワヒアワは、他のエリアと比べて雨量が多い地域です。

下記のサイトでは、ワヒアワの現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」ワヒアワの天気へ

11月のハワイの服装・持ち物

11月のハワイは、半袖やショートパンツで快適に過ごせます。ただ、日没後は気温が22~24℃まで下がるので、長袖の方がいいかもしれません。

建物の中や車内は冷房がよくきいています。ショッピングや美術館・博物館等に行かれる場合、もしくは乗り物に長い時間乗車する際は、長袖シャツやカーディガン、ストールなどがあると安心です。

ビーチやプールでお過ごしになる場合は、体温の低下に注意が必要です。とくに、ハナウマ湾やウィンドワードのビーチは、ときに強めの風が吹くため、体感温度がより低下します。ラッシュガードや長袖Tシャツ、タオル等を持参し、体が冷えないように気をつけましょう。

一日のうちでもっとも気温が下がるのは、夜明け前です。サンライズツアー等で朝早くご出発される場合も上着をお持ちくださいね。

紫外線対策用の帽子やサングラス、日焼け止めクリームは必須アイテムです。紫外線は、晴れている日だけでなく、くもりの日でも強いのでお気をつけください。

観光中にシャワー(にわか雨)が降る可能性もあります。公共バスを利用して遠出をする際などは、バス停に屋根がないこともありますので、折りたたみ傘やレインジャケットなど雨具をご持参されることをおすすめします。

ハワイでその日の服装をお選びになるときは、天気予報や気温に加え、体感温度も参考にしてみてくださいね。

11月のハワイのイベント・見どころ

ハワイで11月に開催されるイベントをご紹介します。

ブラックフライデーのセール(バーゲン)

ブラックフライデーとは、サンクスギビングデー(11月の第4木曜日、米国の祝祭日)の翌日の金曜日を指しています。ブラックフライデーのセールは、米国において一年のうちでもっとも規模が大きいセールで、まるでお祭りのような盛り上がりを見せます。

オアフ島には人気のブランド店が軒を連ねるショッピングセンターが多数ありますが、ほとんどのお店が金曜日の早朝からセールを開始します。なかには、サンクスギビングデー当日(木曜日)の18時から開店し、夜どおしセールを開催しているお店もあります

この時期にハワイを訪れるご予定であれば、ぜひ気になるお店をチェックしてみてください。

ちなみにブラックフライデーの「ブラック」の由来ですが、もともとは買い物客の「人だかり」を指していたようです。現在では、この日を境に赤字から「黒字」に転じる店舗が多いことを指して「ブラックフライデー」と呼ぶのが一般的のようです。

バンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィン(Vans Triple Crown of Surfing)

「バンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィン」(以下、トリプルクラウン)は、11月12日から12月20日までのあいだに、連続して開催されるサーフィン国際大会の総称です。

大会は全部で3種あります。会場はいずれもオアフ島ノースショアです。各大会とも約10~12日間の開催期間(ウェイティング・ピリオド)が設けられますが、競技が行われるのは、開催期間のうち4日間です。競技日はコンディションの良い波が見込める日の早朝に発表されます。

最初の大会は「ハワイアン・プロ」。ノースショアの中心地ハレイワタウンにほど近いハレイワ・アリイ・ビーチで開催されます。

続いて開催されるのが「バンズ・ワールドカップ・オブ・サーフィン」です。会場は、この上なく美しいサンセットが眺められることで有名なサンセットビーチです。

トリプルクラウンの最終戦となるのが「ビラボン・パイプ・マスターズ」です。この大会は、12月に開催されます。会場は “世界一の波”と称される「バンザイ・パイプライン*」があるエフカイビーチです。

※ 冬場のバンザイ・パイプラインは、その高さと美しさにおいて世界最高峰と称されるだけでなく、危険度において他に類を見ないポイントです。潮の流れは極端に強く、波の下はゴツゴツしたリーフで覆われており、水深は1~2mほどしかありません。波にのまれてしまえば、途端に全身を強打してしまいます。パイプ・マスターズは、卓越した技術と精神力を持つサーファーだけが挑戦できる特別な舞台なのです。

バンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィン基本情報

バンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィンの基本情報です。

大会名 開催期間* 開催場所
ハワイアン・プロ(The Hawaiian Pro) 11月12日頃~ ハレイワ・アリイ・ビーチ(Haleiwa Alii Beach)
バンズ・ワールドカップ・オブ・サーフィン(The Vans World Cup of Surfing) 11月25日頃~ サンセットビーチ(Sunset Beach)
ビラボン・パイプ・マスターズ(Billabong Pipe Masters) 12月10日頃~20日 エフカイビーチパーク(Ehukai Beach Park)
SNS 公式Instagramへ

※ 開催日は、年によって前後します。競技日数は、開催期間のうち4日間です。競技日はコンディションの良い波が見込める日の早朝に発表されます。

観戦時のご注意点

バンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィン大会主催団体による観戦に際する注意事項*をまとめました。

サーフィンを観戦されるみなさまへ

以下の点にご注意ください。

【観戦時のご注意】
・ 飲料水、日焼け止め、帽子、サングラスを必ずご持参ください。
・ 双眼鏡、ビーチチェア・マットがあるとより楽しめるでしょう。
・ 雨が突然降り出すことも多いので、レインジャケットやフード付きスウェット、タオル等をご持参ください。傘のご利用はご遠慮ください。

※ 空のボトルがあれば、会場内の給水所で給水ができます。

【会場での注意事項】
・ 環境保全のため、ビーチにはゴミを捨てないようご協力ください。
・ 会場ビーチ周辺には民家があります。地元住民の生活を尊重し、迷惑になるような行動はお控えください。
・ ライフガードの警告には必ず従いましょう。
・ 喫煙は指定の場所でお願いします。吸い殻をビーチに捨てることはできません。
・ 傘やパラソルのご利用はご遠慮ください。傘を広げると周囲の方が気持ちよく観戦できなくなります。また、風が強いビーチでは、傘が飛ばされると事故につながり危険です。
・ 小さなお子様を波打ちぎわに近づけないよう、ご注意ください。冬場のノースショア(とくにパイプラインやサンセット)は大きな波が押し寄せるため大変危険です。

【車で来場する場合】
・ 駐車の際は、駐車禁止の標識や警告がないかよくご確認ください。私道への駐車はご遠慮ください。
・ カメハメハ・ハイウェイ上に停車しての観戦は禁止されています。違反した場合、罰則があるのでお気をつけください。
・ 運転時もアロハスピリットを持つようにしましょう。歩行者が横断しようとしているときは必ず停止してください。車線変更をする車には先をゆずり、また列に入れてもらったら感謝を。
・ 貴重品は車に置かず、必ず携帯しましょう。

【車以外での交通について】
・ タートルベイリゾートからシャトル(1時間に1本/往復$20~25)があります。

※ 上記の注意事項は、公式サイト内の「SPECTATOR TIPS」をまとめたものです。

以上、11月のハワイの天気や気温、イベントについてまとめました。

11月は雨季のシーズンに入りますが、エリアによって雨量に差があるのは面白いですね。雨の多いエリアへ行く場合は雨具を携帯したり、逆に雨量が少なく晴れ間の多いエリアへ行くときは水や日除けグッズを持参するなど、行き先によって持ち物をアレンジしてみてくださいね。

みなさまのハワイ旅行が素敵な旅となりますように。


※ 当ページで記載している気象情報(エリアごとの気温・風・雲の頻度等)は、「Climate of Hawai’i」を参照しています。「Climate of Hawai’i」へ

※ 記載内容については正確であるよう最善を尽くしていますが、正確性および完全性を保証するものではありません。万一、掲載内容に誤りを発見された際には、当方までご連絡いただければ幸いです。「お問い合わせフォーム」へ

※ 当サイトを利用される際は、掲載されている情報やアドバイスがご自身の状況や立場に適しているか、すべてご自身の責任でご判断のうえご利用ください。「掲載情報のご利用に当たって」へ