HOME > ハワイの天気 > 1月のハワイの天気・気温

1月のハワイの天気・気温

1月のハワイ(オアフ島)の平均最高気温最低気温エリアごとの天気の違い、おすすめの服装・持ち物や、見どころ(イベント)についてまとめました。

現地での服装や過ごし方を決めるときなどに、ぜひ参考にしてみてくださいね。


その他の月の天気はこちらから
年間 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月


1月のハワイの天気について(概要)

1月のハワイの季節は冬(雨季)。オアフ島では、一年のうち雨量が2番目に多い月となります。せっかくのハワイ旅行なのに雨? とガッカリされた方も多いかもしれませんが、それほど心配しなくてもよさそうです。

ハワイの雨季は、日本の梅雨のようにシトシト降りつづくことはまれで、夜のあいだにたくさん降るようです。昼間に降る場合は、どしゃ降りの「シャワー」になることが多いです。シャワーは熱帯エリア特有のにわか雨です。大抵は10分程度でやむので、日中の観光に大きな影響がおよぶことは少ないはずです。

気温については、「常夏のハワイ」らしく、晴れていれば暑さを感じる温度です。夏(乾季)と比較すると、1月の平均気温は2~3℃低く、紫外線*の強さも大幅にやわらぎます。強い日差しが苦手な方にはかえって過ごしやすいかもしれませんね。

1月は風が穏やかな月です。ただ、オアフ島の東海岸エリア(ワイマナロ、カイルア、カネオヘ等)では、ワイキキエリアと比べ、風がやや強いかもしれません。風が吹く日は体感温度が下がりますので、お出かけ前に目的地の天気傾向を調べておくことをおすすめします。

ハワイ島のマウナ・ケア山やマウイ島のハレアカラ国立公園などの高地では、気温が3~4℃しかありませんので、お気をつけくださいね。

※ 1月のハワイの平均UV指数は「7」です。(6~8月は「12」です。)UV指数は世界共通の指標で、紫外線の強さを数値化したものです。指数は1~11+のあいだで表されます。詳細は気象庁のホームページにてご確認ください。

【関連・参考サイト】
気象庁「UVインデックスとは」へ

1月のハワイの最高気温と最低気温

オアフ島(ホノルル)の1月の平均最高気温は27.5℃、平均最低気温は19.7℃です。

一日の気温差は、およそ5~7℃です。一日のうちでもっとも気温が高い時間帯は午後2時台、もっとも気温が低い時間帯は午前7時台です。

最高気温(平均) 最低気温(平均)
1月 27.5℃ 19.7℃

※ データ参照元:気象庁「世界の天候データツール(ClimatView)」/対象期間:2015年~2019年

1月のハワイの降雨量

オアフ島(ホノルル)の1月の平均的な降雨量はおよそ80mm。一年のなかで2番目に雨量の多い月となります。

雨は夜間に降ることが多く、何日も降りつづくことは少ないです。たまに雨が一日中途切れないこともありますが、大抵は瞬間的に降るシャワー(にわか雨)になることが多いでしょう。

1月のハワイの海水温度

アメリカ海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration)によると、ホノルルの1月の平均海水温度は24.4℃です。

オアフ島の東側に位置するカネオヘの水温は22.8℃で、ホノルルより低いです。

一般的に、25℃以下の水温に入ると「冷たい」と感じる方が多いようです。シュノーケリングなど海に入るアクティビティを楽しみたい方は、晴れの日の気温が高くなる時間帯を選ぶか、ウェットスーツ等の着用をおすすめします。

ハワイの天気予報サイト

おすすめの天気予報サイトをご紹介します。

ここでご紹介するのは、日本語に対応しており、温度単位の切り替え(摂氏:℃/華氏:℉)も可能なサイトです。エリアごとの天気も調べられます。

いずれのサイトも、短期と長期両方の予報を調べられ、体感温度風向き風速湿度紫外線指数など天候にかかわる多くの情報を確認できるのでおすすめです。

服装などを決める際は、天気だけでなく体感温度も参考にするといいかもしれません。

AccuWeather

AccWeatherは、米国の天気予報専門企業が提供するサイトです。予報は、同社が公的機関を含むあらゆる組織・団体による気象情報を収集し、解析したものです。

「AccuWeather」トップページへ

「AccuWeather」ホノルルの天気へ

The Weather Channel

The Weather Channelは、IBM社傘下の天気予報専門企業が提供するサイトです。IBM社が開発した最新の気象予報システムにて解析した予報を提供しています。

「The Weather Channel」ホノルルの天気へ

エリアごとの天気(1月)

オアフ島は、大きく5つのエリアに分けることができます。

ワイキキのある「ホノルル」、ハレイワがある「ノースショア」、島の東側「ウィンドワード」、西側の「リーワード」、島中央部の「セントラル」です。ホノルルはオアフ島の南側に位置しているので、サウスショアと言い表すこともあります。

これら5つのエリアは、オアフ島の南北にかけて連なるコオラウ山脈とワイアナエ山脈の影響を受けて、天候が異なります。

なお、ハワイ諸島は、北東の海上から吹く貿易風(偏東風)を受けているため、どの島もエリアごとの天候の特徴が同じ傾向にあります。

オアフ島の東側を「ウィンドワード」、西側を「リーワード」と呼ぶのは、貿易風を受けるハワイの地理によるものです。ウィンドワード (Windward)は「風上」、リーワード(Leeward)は「風下」という意味を持ちます。

下の図は、オアフ島の1月の平均降雨量の分布図です。

オアフ島 1月の平均降雨量

※ データ:Giambelluca, T.W., Q. Chen, A.G. Frazier, J.P. Price, Y.-L. Chen, P.-S. Chu, J.K. Eischeid, and D.M. Delparte, 2013: Online Rainfall Atlas of Hawai‘i. Bull. Amer. Meteor. Soc. 94, 313-316, doi: 10.1175/BAMS-D-11-00228.1., Mean January Rainfall Island of O’ahu.

以下に、オアフ島内観光スポットの天気の違いをまとめました。気温に大きな地域差はありませんが、地形の特質により、雲の量や降雨量に差があります。

ホノルル(ワイキキ)の天気

ホノルルは、オアフ島のなかでも、気温が高く、風がおだやかなエリアです。

1月のホノルル(ワイキキ)の平均最高気温は27.5℃、平均最低気温は19.7℃です。

ハワイ大学マノア校や緑のスターバックス、マノア滝のハイキングコース等で有名なマノアは、ホノルル市内の山側に近いエリアに位置しています。山側に近いエリアは雨が多くなります。

ワイキキエリアの1月の平均降雨量が80mmに対し、マノアでは150mmほどの雨量があります

下記のサイトでは、ホノルル(ワイキキ)の現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」ワイキキの天気へ

ハナウマ湾の天気

オアフ島の東南部に位置するハナウマ湾は、火山の噴火によってできた湾状のビーチで、ホノルル市より自然保護地区に指定されています。ハナウマ湾は透明度が高く、シュノーケリングが楽しめるビーチとして大変人気のある観光スポットです。

ハナウマ湾の1月の平均気温は上述のホノルル(ワイキキ)と同じです。他方、平均降雨量は70mmで、ワイキキエリアより若干少ないようです。

ハナウマ湾は年間を通して風(貿易風)の強いエリアですが、1月は弱まる傾向があります。風のあるときは、13時頃から16時頃までのことが多いようです。

この時期の海水温は、先述のとおり(「1月のハワイの海水温度」)、25℃を下回る日が多く、天候次第ではかなり寒く感じるかもしれません。

ワイマナロの天気

オアフ島の東側エリア(ウィンドワード)にあるワイマナロには、観光名所がたくさんあります。

全米ナンバーワンのビーチに選ばれたことのある「ワイマナロ・ビーチ」、イルカと泳ぐことができる体験型水族館「シーライフ・パーク」、オアフ島最東端にある「マカプウポイント」、ハイキングコースとして人気の「クリオウオウ・リッジ・トレイル」が有名です。

ワイマナロの1月の平均気温は、ホノルルとほぼ同じです。平均降雨量はホノルルと比べると多く、150mmほどあります

下記のサイトでは、ワイマナロの現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」ワイマナロの天気へ

カイルアの天気

オアフ島で人気スポットのひとつであるカイルアは、島の東側エリア(ウィンドワード)にあります。

カイルアは、全米ナンバーワンのビーチに選ばれたことのある「ラニカイ・ビーチ」や「カイルア・ビーチ」があることで有名です。また、中心街には有名なレストランやスーパーもあり、観光客が多い場所です。

1月のカイルアの平均気温は、ホノルルとほぼ同じです。平均降雨量はホノルルと比べるとやや多く、110~120mmほどあります

下記のサイトでは、カイルアの現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」カイルアの天気へ

カネオヘの天気

カネオヘは、オアフ島の東側(ウィンドワード)にあります。

カネオヘは観光名所が多くある人気のエリアです。「天国の海」として有名なサンドバー、自然豊かな「クアロア・ランチ」、「平等院テンプル」、「ホオマルヒア植物園」などが有名です。

カネオヘの1月の平均気温は、ホノルルに比べると平均してわずかに低い傾向があります。平均降雨量については、ホノルルやカイルアより多く、およそ140~150mmです。

海で遊ぶ場合は、晴れた日の気温が高い時間帯がおすすめです。前述のとおり(「1月のハワイの海水温度」)、この時期の海水温は25℃を下回る日が多く、天候次第ではかなり寒く感じるかもしれません。

下記のサイトでは、カネオヘの現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」カネオヘの天気へ

ノースショア(ハレイワ)の天気

オアフ島の北部にあるノースショアは、最西端のカエナポイントから最北端のカフクポイントまでのエリアを指します。

ノースショアの中心街といえば、ハレイワ。ガーリックシュリンプやシェイブアイスなどのご当地グルメ、ショッピング等が楽しめる人気の観光地です。

ハレイワの1月の平均気温はホノルルとほぼ同じです。平均降雨量は、ホノルルと比べるとやや多く、120~130mmほどあります。ハレイワよりさらに北東にあるワイメア・バレー付近では、平均150mmほどの雨量があります。

雨季のノースショアは波が高くなり、ほとんどのビーチが遊泳禁止となります。シュノーケリングで有名なシャークスコーブ(Shark’s Cove)も大変危険ですので、立ち入らないようにしましょう。

下記のサイトでは、ハレイワの現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」ハレイワの天気へ

カポレイ、コオリナの天気

カポレイとコオリナは、オアフ島の西側エリア(リーワード)の南部に位置しており、複数のゴルフコース、「ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ」や「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ」などのウォーターパークがあります。コオリナは地域一体がリゾート地で、波の穏やかなラグーンもあり、お子様連れのファミリーに人気のエリアです。

カポレイ、コオリナの1月の平均気温はホノルルとほぼ同じです。平均降雨量はホノルルと比べるとやや多く、90mmほどあります。

下記のサイトでは、カポレイの現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」カポレイの天気へ

ワヒアワの天気

オアフ島の中央部エリア(セントラル)にある観光地は、「ドールプランテーション」が有名です。島の南北を結ぶ幹線道路が通っていますので、途中の休憩場所としてドールプランテンショーンに寄る方も多いです。

ワヒアワは、コオラウ山脈とワイアナエ山脈に挟まれたエリアに位置しています。沿岸部より標高が高いため、ワヒアワの1月の平均気温はホノルルに比べ2~3℃低くなります

1月の平均降水雨量は190mmほどです。ワヒアワは、他のエリアと比べて雨量が多い地域です。

下記のサイトでは、ワヒアワの現在、毎時、週間、月間の天気を調べることができます。

【天気予報サイト】
「AccuWeather」ワヒアワの天気へ

1月のハワイの服装・持ち物

1月のハワイは、晴天の日であれば半袖やショートパンツで快適に過ごせます。雨やくもりの日は肌寒く感じることもあるので、長袖の方がいいかもしれません

日没後は気温が20℃前後まで下がるので上着を準備しておきましょう。上着は、冷房対策にもなります。ショッピングや美術館・博物館等に行かれる場合は、春用ニットやカーディガンなどがあると安心です。

ビーチやプールでお過ごしになる場合は、体温の低下に注意が必要です。とくに、ハナウマ湾やウィンドワードのビーチは、ときに強めの風が吹くため、体感温度がより低下します。ラッシュガードや厚手の上着、タオル等を持参し、体が冷えないように気をつけましょう。

一日のうちでもっとも気温が下がるのは、夜明け前です。サンライズツアー等で朝早くご出発される場合も上着をお持ちくださいね。

紫外線対策用の帽子やサングラス、日焼け止めクリームは必須アイテムです。紫外線は、晴れている日だけでなく、くもりの日でも強いのでお気をつけください。

1月は雨量が多いので、軽量タイプの折りたたみ傘やレインジャケットなどがあると重宝します。とくに、公共バスを利用して遠出をする際などは、バス停に屋根がないこともありますので、雨具をご持参されることをおすすめします。

屋外でスポーツを楽しむご予定の方は、通気性のよいレインウェアやポンチョを準備しておきましょう。

ハワイでその日の服装をお選びになるときは、天気予報や気温に加え、体感温度も参考にしてみてくださいね。

1月のハワイのイベント・見どころ

ハワイで1月に開催されるイベントや見どこをご紹介します。

【1月のイベント・見どころ】
イベント名・見どころ 開催日・時期 開催場所
元旦の福袋 元旦 ワイキキ・アラモアナ
ソニー・オープン・イン・ハワイ 1月中旬頃 ホノルル
エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナル 12月1日~2月末日 ノースショア
マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・ホリデー・パレード 1月第3月曜日 ワイキキ
チャイニーズ・ニューイヤー 1月中旬以降~2月中旬頃 チャイナタウン
ホエールウォッチング 12月~4月上旬頃まで ***

元旦の福袋

新年のお祝いムードのなか、オアフ島でもっとも賑わう場所はショッピングセンターかもしれません。

ワイキキ界隈の主要なショッピングセンターでは、ハイブランドのアパレル・靴鞄類や化粧品、人気カフェなどのテナントが、元旦の朝から福袋を販売します。

ここでは、ワイキキ内のショッピングセンター「T ギャラリア ハワイ by DFS」、「ロイヤル・ハワイアン・センター」、「インターナショナルマーケットプレイス」と、ワイキキエリアからトロリーで10分ほどのところにある「アラモアナセンター」をご紹介します。

いずれも販売開始時間が同じ時間帯なので、ターゲットを絞って戦略的に参戦しましょう!

※ 以下、販売ショップや販売開始時間は、2020年のスケジュールを参考にしております。最新情報については各ショッピングセンターの公式サイトやSNS等にてご確認ください。

T ギャラリア ハワイ by DFSの福袋

T ギャラリア ハワイ by DFSでは、フロアごとに販売開始時間が異なります。

【販売日時】
1月1日 7:30~開場(太鼓パフォーマンス披露)/8:30~福袋販売(1階ファッション・フード)/9:30~福袋販売(3階免税対象)/11:30~福袋販売(2階ビューティ)/13:30~福袋販売(2階バッグ類)

【販売ショップ】
バーバーリー、コーチ、メゾンキツネ、マイケル・コース、ジミーチュウ、ニューエラ、クロエ、ステラマッカートニー、フェラガモ、バリー、ジョーマローンロンドン、トムフォードビューティ他

【公式サイト・SNS】
公式サイト「T ギャラリア ハワイ by DFS」へ
Instagram
Facebook

インターナショナルマーケットプレイスの福袋

インターナショナルマーケットプレイスでは、毎年12月31日から福袋の販売を開始します。

【販売日時】
12月31日・1月1日 10:00~

【販売ショップ】
クレイジーシャツ、ファブレティックス、ゴディバ、ハッピー・ワヒネ、ジョーマローンロンドン、ロクシタン、マウイ・ダイバーズ・ジュエリー、MCM、マイケルコース、スワロフスキー他

【公式サイト・SNS】
公式サイト「インターナショナルマーケットプレイス」へ
Instagram
Facebook

ロイヤル・ハワイアン・センターの福袋

ロイヤル・ハワイアン・センターで人気の福袋といえば「ディーン&デルーカ」です。限定のトートバッグが入手できるとあって、毎年お店の前に長い列ができます!

【販売日時】
1月1月 10:00~

【販売ショップ】
アイランドスリッパ、ケイト・スペード ニューヨーク、サルヴァトーレ・フェラガモ、ディーン&デルーカ、トリーバーチ、フルラ、レスポートサック他

【公式サイト・SNS】
公式サイト「ロイヤル・ハワイアン・センター」へ
Instagram
Facebook
Twitter

アラモアナセンターの福袋

ハワイ最大級のショッピングセンターのアラモアナセンター。テナント数も多いですが、ショッピングセンター内もとても広いので、お目当てのお店の位置を事前に確認しておきましょう!

【販売日時】
1月1日 9:30~

【販売ショップ】
ABCストア、ベアミネラル、ビッグアイランド・キャンディーズ、コーチ、エッグスンシングス、エンポリオ・アルマーニ、マリエオーガニクス、レッド・ヴァレンティノ、サルヴァトーレ・フェラガモ、ケイト・スペード ニューヨーク、ラコステ他

【公式サイト・SNS】
公式サイト「アラモアナセンター」へ
Instagram
Facebook
Twitter

≪「1月のハワイのイベント・見どころ」のトップに戻る≫

ソニー・オープン・イン・ハワイ(Sony Open in Hawaii)

「ソニー・オープン・イン・ハワイ」は、ハワイで開催される米国の男子プロゴルフツアー(PGA)の公式戦です。

会場は、ハワイにあるゴルフコースでもっとも格式が高いとされるワイアラエ・カントリークラブ。ワイキキから車で15分程離れたカハラ地区にあります。

観戦チケットは$20(1日パス)から販売されています。観戦に加えて名門カントリークラブの食事も一緒に楽しみたい方には、食事とドリンクが付くパス(「スイート16シャレー」)がおすすめです。

大会期間中は、ワイキキエリアと会場を結ぶ専用のトロリーが運行するので、往復の移動も簡単。世界トッププロのプレーを間近で観戦できる絶好の機会をお見逃しなく!

ソニー・オープン・イン・ハワイ基本情報

ソニー・オープン・イン・ハワイについての基本情報です。

開催日時 1月の2週目頃~
会場 ワイアラエ・カントリークラブ(Waialae Country Club)
料金 1日パス:$20ドル(オンライン)、$25(当日)
1日パス+食事・ドリンク付(スイート16シャレー):$185(土・日は$200)
5日間パス(シーズンバッジ):$60
専用トロリー・駐車場 【ワイキキからのトロリー】
トロリー:E Noa Trolley Shuttle Service
料金:$3(片道)
ルート:ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート~シェラトン・ワイキキ・ホテル~エッグスンシングス~デューク・カハナモク像~ワイキキビーチ~ワイキキ水族館~ワイアラエ・カントリークラブ

【駐車場】
下記の公園が専用駐車場となります。駐車場と会場間の移動は、送り迎え専用のシャトルバスを利用できます。

フナカイ・パーク(Hunakai Park)
カハラ・コミュニティ・パーク(Kahala Community Park)

※ トロリーの運行スケジュールおよび駐車場についての詳細は、公式サイトの 「DIRECTIONS, PARKING & SHUTTLE」にてご確認ください。
Sony Open in Hawaii 「DIRECTIONS, PARKING & SHUTTLE(英語)」へ

当日のご注意点 会場へ入る前に、手荷物検査があります。持ち込むことができるバッグには制限がありますので、ご注意ください。

【持ち込み可能のバッグ】
・ハンドバッグ(縦・横・幅がそれぞれ15.2cm以下)
・透明バッグ(縦・横がそれぞれ30.4cm、幅15.2cm以下)
・ジップロック等のフリーザーバッグLサイズ以下(縦26.8cm×横27.3cm)
・赤ちゃん用のおむつ用バッグや医療機器用バッグ

※ 持ち物について詳細は、公式サイトの「ADMISSION GUIDELINES/TOURNAMENT BAG POLICY」にてご確認ください。

大会HP 「Sony Open in Hawaii(英語)」へ
SNS 公式Instagramへ
公式Facebookへ
公式Twitterへ

≪「1月のハワイのイベント・見どころ」のトップに戻る≫

エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナル(Eddie Aikau Big Wave Invitational)

「エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナル」は、ノースショア出身の伝説的な人物、エディ・アイカウ(1946~1978)を称え開催されるサーフィン大会です。

通称「エディ(The Eddie)」と呼ばれるこの大会、開催期間は12月1日から2月末日までの3か月間。この間に、海面のうねりが「20フィート(約6メートル)」以上になると見込まれたとき、競技が実施されることになります。会場は、オアフ島ノースショアにあるワイメア・ベイです。

「エディ」がスタートしたのは1985年ですが、波の高さなど大会開催基準が厳しいために、これまで実際に実施されたのは、2019年にいたるまで計9回しかありません

1月にオアフ島にご滞在予定であれば、ぜひ「エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナル」の開催動向を気にしてみてくださいね。

エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナル基本情報

エディ・アイカウ・ビッグウェーブ・インビテイショナルの基本情報です。

開催期間 12月1日~2月末日
※ 最新情報については公式サイトやSNS等にてご確認ください。
開催場所 ワイメア・ベイ・ビーチ・パーク(Waimea Bay Beach Park)
公式サイト 「Eddie Aikau Big Wave Invitational(英語)」
SNS 公式Instagramへ
KOKOのワクワクポイント!
エディ・アイカウさんは、ライフセイバーとして、たくさんの人を救ったの。どんなに海が荒れていても、人命のためなら迷わずにそこに向かったんだよ。

エディさんは、残念ながら、仲間を救おうとして海で消息不明となってしまったけれど、どんな状況でもあきらめずに全力を尽くす精神を、今でも多くの人が尊敬しているの。だから心細くなったときは “Eddie would go.”(エディなら行くだろうな)と言って勇気を出すんだよ。

「エディ」は、そんなエディさんのアロハスピリットに学び、ハワイアンたちがハワイアンとして誇りを持って生きていくこと、そしてこれをちびっ子たちに伝えるために開催されているんだよ。
KOKO
KOKO

≪「1月のハワイのイベント・見どころ」のトップに戻る≫

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・ホリデー・パレード(The Martin Luther King Jr. Holiday Parade and Unity Rally)

毎年1月の第3月曜は、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師(1929~1968)の生誕を記念する米国の祝日です。キング牧師は、1964年にノーベル平和賞を受賞した人物で、当時、人種間の平等を求める公民権運動のリーダー的存在でした。

この日、キング牧師の偉業を称えて、「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・ホリデー・パレード」が開催されます。パレードは、アラモアナ・ビーチパークを出発し、カラカウア・アベニューを通り、カピオラニ公園を目指します

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・ホリデー・パレード基本情報

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・ホリデー・パレードの基本情報です。

開催日 1月第3月曜日 午前9時~
ルート マジックアイランド~カラカウアアAve~カピオラニ公園まで
公式サイト 「Hawaii Martin Luther King Jr. Coalition(英語)」

≪「1月のハワイのイベント・見どころ」のトップに戻る≫

春節のお祝い(Chinese New Year)

中国のお正月「春節」になると、ハワイでも各地でお祝いのイベントが開催されます。春節は、月の満ち欠けで日にちを数える旧暦を基準にしているので、年によって日にちが変わります。1月21日頃から2月20日頃のあいだに巡ってくる「新月」の日が春節となります。

ハワイで見られる春節のイベントといえば、中国の代表的な伝統芸能である「ライオン・ダンス(獅子舞)」。ワイキキやアラモアナ、カカアコのショッピングセンター(Tギャラリア、ロイヤルハワイアン、インターナショナルマーケット、アラモアナセンター、ソルト・アット・アワ・カカアコ)で見られますので、ぜひショッピングと一緒にこのイベントもお楽しみください。

ハワイの伝統的な春節を体験したい方は、チャイナタウンへ足を運んでみるのもいいかもしれません。春節が近づくと、チャイナタウンは全体が赤色で装飾され、とても華やかな雰囲気。赤は幸運や繁栄をもたらす縁起のいい色とされています。

チャイナタウンの一角にあるチャイナタウン・カルチュラル・プラザでは、2日間に渡って春節のお祝いイベント「Chinese New Year Celebrations」が開催されます。フードブースや中国の工芸品、ライオンダンスなど、春節の風物詩をひととおり味わうことができます。爆竹など大きな音がなるので、小さなお子様をお連れの方は、ご注意くださいね。

なお、イベントは夜10時頃まで続きますが、チャイナタウンの観光は日中がおすすめです。下記に「チャイナタウン観光の注意点」をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

チャイナタウン・カルチュラル・プラザ春節のお祝いイベント基本情報

チャイナタウン・カルチュラル・プラザで開催される春節のイベントの基本情報です。

開催日 春節前の週末(金曜日午後5時~、土曜日午前10:00~)
主催者 ハワイ中国商工会議所 (Chinese Chamber of Commerce of Hawaii)
公式サイト 「Chinese Chamber of Commerce of Hawaii(英語)」へ
「Chinatown Cultural Plaza(英語)」へ
SNS 公式Facebookへ
チャイナタウン観光の注意点

ホノルルのチャイナタウンは国の歴史保護地区に制定されており、アメリカ国内においても大変歴史的価値の高いエリアです。

一方、週末や夜間は人通りが少なくなり、犯罪率が急上昇するなど危険なエリアとしても知られています。イベント時は多くの観光客や地元の人々で賑わいますが、安全な旅のためにも、チャイナタウンの観光は日中の時間帯をお選びください。観光中は、目的地までのルートを事前に確認し、人通りが少ない裏道や路地裏に入らないようお気をつけください。

チャイナタウンにはおいしいレストランなども多いので、ディナーを食べてからお帰りになるプランをご検討中の方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、あらかじめ早めの時間を予約するなど、帰りが遅くならないようにしましょう。また、ホテルへ帰る際は、公共バスは使わず、タクシーやUberを利用しましょう。タクシー・Uberは必ずお店の前で乗車し、くれぐれも近隣の散策等はしないようにしましょう。

昨今、地元の住民、商工会や警察がチャイナタウンの治安改善に向けて動いています。住民の方々が心配なく生活できて、観光客も安心して歩ける街になる日が早く訪れるといいですね。

≪「1月のハワイのイベント・見どころ」のトップに戻る≫

ホエールウォッチング

1月のハワイは、ホエールウォッチングに最適な月です。

ハワイで見られるのはザトウクジラです。ザトウクジラは、アラスカ沖の北極海で夏を過ごし、冬にハワイの海で繁殖や出産、子育てをするために南下してくるのです。この時期、ハワイでは、沖合までクジラを見にいくホエールウォッチング・ツアーが多く催行されています。ツアーに参加すると、高確率でダイナミックなクジラのジャンプや潮吹きを間近で見ることができます。

また、ツアーに参加されなくとも、陸地からクジラのジャンプや潮吹きを見ることができます。以下におすすめスポットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ホエールウォッチングができる場所

オアフ島でホエールウォッチングができる代表的な場所をご紹介します。

エリア スポット名
ホノルル ダイヤモンドヘッド頂上展望台(Diamond Head Scenic Lookout)
ホノルル ハナウマ湾(Hanauma Bay)
ホノルル ハロナ潮吹き岩展望台(Halona Blowhole)
ウィンドワード マカプウ・ライトハウス(Makapuu Lighthouse)

KOKOのワクワクポイント!
ウィンドワードにある「サンディ・ビーチ」や、リーワードの「マカハ・ビーチ」、「カエナポイント・トレイル」でもクジラさんが目撃されているよ。
クジラさんのジャンプを探すには、沖をぼ~っと見るといいよ。
KOKO
KOKO

≪「1月のハワイのイベント・見どころ」のトップに戻る≫


※ 当ページで記載している気象情報(エリアごとの気温・風・雲の頻度等)は、「Climate of Hawai’i」を参照しています。「Climate of Hawai’i」へ

※ 記載内容については正確であるよう最善を尽くしていますが、正確性および完全性を保証するものではありません。万一、掲載内容に誤りを発見された際には、当方までご連絡いただければ幸いです。「お問い合わせフォーム」へ

※ 当サイトを利用される際は、掲載されている情報やアドバイスがご自身の状況や立場に適しているか、すべてご自身の責任でご判断のうえご利用ください。「掲載情報のご利用に当たって」へ